おとこのすなるにき

北海道コンサドーレ札幌のちょうどいいサポーター

สวัสดี(サワディー)

寒い日が続きますが、

 

いよいよ今週に迫ってまいりました。

 

Jリーグ開幕!!

 

各チームキャンプも最終盤を迎えたこのタイミングで、

順位予想をしてみたいと思います。

上位4チームと降格チーム、コンサドーレに関しては寸評も書きたいと思います。

 

優勝 セレッソ大阪 

ゼロックススーパーカップでの完成度が高すぎた。元々タレント揃いのチームに規律と戦術をもたらしたユンジョンファン監督の2年目。快進撃を果たした去年の戦力そのままに、田中亜土夢高木俊幸ら実力者を補強してより盤石の体制へ。若い選手が中心であるということもあって、開幕ダッシュを決められれば、勢いそのままにシーズンを駆け抜けるのでは。個人的には水沼宏太が去年以上に躍動するのではないかと予想。1年前はコンサもオファーを出して断られたけど、セレッソで大正解でした。

 

2位 鹿島アントラーズ

昨年は最終節で川崎フロンターレに得失点差でかわされ、屈辱の無冠に終った常勝軍団。内田篤人が復帰した今季、雪辱への思いは相当なものであるはず。昨季は終盤の取りこぼしというよりも、前半戦の外弁慶ぶりが問題だったのでは。去年フィットしきれなかったペドロジュニオールや新戦力の内田が早々にフィットするかが鍵を握りそう。内田と西をどのように使うのかも楽しみ。

 

3位 柏レイソル

昨季のリーグ中盤では単独首位に浮上するなど、チームとしての完成度が高いという印象。伊藤純也や中村航輔ら勢いのある若手を中心に、ハモンロペス、クリティアーノといった強力な外国人、そして大谷秀和細貝萌といったベテランが攻守に亘ってバランスよく配置されている。チーム力はリーグ随一であると思う。

 

4位 ジュビロ磐田

セレッソと並んでJリーグで最も成長の可能性を感じさせるチーム。絶対的リーダーの中村俊輔が加入した昨年は土台作りの一年。名波浩監督のビジョンが具現化してくるのが今年であるはず。名古屋の屋台骨を支えた田口泰士の加入でチーム力が上がった印象を受ける。ベテラン、中堅、若手の関係性が非常に良いと感じるチームで、その総合力はさらなる躍進へと繋がりそう。

 

5位 ヴィッセル神戸

6位 川崎フロンターレ

7位 ガンバ大阪

8位 浦和レッズ

9位 名古屋グランパス

 

10位 北海道コンサドーレ札幌

ミハイロ・ペトロビッチ監督一年目。戦術の浸透具合と完成度への危惧もあるが、どのような魅力的なサッカーをしてくれるのかが楽しみ。昨季の主力がほぼ残留。さらに駒井義成、三好康児宮吉拓実ら一人で状況を打開出来るアタッカーを獲得し、より攻撃的な布陣に。全員攻撃全員守備のトータルフットボールコンサドーレに新たなアイデンティティを注入する。キーになるのは福森、駒井、菊池直哉、ジェイ、ミンテといったところか。昨季監督の四方田監督をヘッドコーチに据えて、昨年のチームを土台にしたカウンター戦術をプランBとして持てるのも大きなことろ。個人的は、ベテランの小野伸二稲本潤一がミシャ戦術で再び輝くのではないかと期待。

 

11位 サガン鳥栖

12位 横浜Fマリノス

13位 FC東京

14位 湘南ベルマーレ

15位 ベガルタ仙台

 

16位 サンフレッチェ広島

よもやの大不振で終盤まで降格圏に沈んでいた昨季。なんとか残留を果したが、戦力の上積みが感じられない気がする。何よりもチームのコンセプトが見えずらく、城福監督の招へいが的確だったのかは疑問に思うところ。(最近の城福さんに良いイメージがない。。)佐藤寿人ミキッチと2年連続で功労者が去ったことで、チームは変革期を迎えているのかもしれない。その不安定さゆえに、一度瓦解してしまえば立て直すのは困難であるように思える。開幕からどれだけ勝ち点を積み上げられるかがポイントだろう。

 

17位 Vファーレン長崎

チーム消滅の危機から悲願のJ1昇格。初のトップカテゴリーを戦うために元日本代表の徳永悠平ら即戦力を獲得したものの、他チームと比べて戦力差は明らかだ。「堅守」と「組織力」をストロングポイントとして打ち出しているが、どちらも昇格即降格するチームのフラグとして定着している感は否めない。そもそも堅守と組織力の無いJ1のチームなどいないわけで、いかにプラスアルファの武器を手に入れられるかが重要になりそう。昇格チームがJ1の早さと精度に戸惑うのは既定路線。どれだけ早く慣れることが出来るかが鍵。個人的には、昨年レンタル先のガンバで覚醒し、今季は長崎で戦う中原彰吾(北海道コンサドーレ札幌)に期待。

 

18位 清水エスパルス

昨季は序盤こそ中位をキープしていたものの、ずるずると黒星を重ね、ギリギリの14位でフィニッシュ。チームとしての総合力が感じられず、コンサが戦っている時もあまり負ける気はしなかった。鄭大世以外の攻撃が記憶にない。監督が交代したことで好転しそうな気配もあるが、中長期的な展望で指揮を執る監督だけに、1年目で結果が出さるかどうか。クリスラン以外補強もぱっとせず。今年も厳しシーズンになりそう。

 

 

 

 

 

こんな感じですかねー。

しかし、意外とガンバもヤバいんじゃないかと思ってます。

堂安、井手口の期待のホープが抜けて、遠藤、今野、倉田のおじさんが占める中盤は結構危ういのでは。

 

 

いよいよあと3日!!

観戦は自宅かドームのパブリックビューイングか悩み中。