おとこのすなるにき

北海道コンサドーレ札幌のちょうどいいサポーター

ミハイロ・ヨモダビッチ

コンサドーレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王者のサッカーを展開する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しびれる試合でした。常勝軍団鹿島アントラーズのお株を奪う素晴らしいサッカーでした。

鬼門カシマスタジアムで初の勝ち点獲得。

ハンドの誤審さえなければと悔やまれます。

 

トピックスは以下の通り。

 

アントラーズコンサドーレ

     0-0

 

1、都倉攻守に奮闘

2、セカンドボールの奪取率

3、最終ラインの安定

4、ミハイロ・ヨモダビッチスタイル

5、昌司源のハンドと中村太主審のミスジャッジ

6、ソンユンのいなし

8、進藤の進化

 

 

1、太ももの張りで決定したジェイに変わって今季初先発の都倉。開始早々から立て続けに決定機を創出。守備においても効果的なチェイス、ゴール前まで戻って植田のケア等良さの表れた試合でした。今回に限っては都倉チョイスが正解だったように思います。強引にシュートまで持っていけるのも強みですね。最初の決定機のどちらかを決めていれば、もしかしたら序列変わったかもと思わせるくらい良かったです。

 

2、セカンドボールはことごとく拾えてました。特に宮澤、深井の読みが鋭く、相手より出足が一歩早いので中盤を制圧していたように感じました。それによって二次攻撃、三次攻撃と厚みのある攻撃を支えていました。パーフェクト。宮澤は完全にJ1の選手になったし、深井はついに本領発揮かというように思いました。怪我しないでね。

 

3、プレスが効果的にかかっていたのもあって、今回はあまり最終ラインでこねくり回す機会がなかったというのもありますが、格段に安定感が増しました。サポートの動きも良いから、縦ポンかキーパーへ返す以外の選択肢が広がったように感じました。

 

4、繋ぐだけではなく、昨年の四方田サッカーをベースとした裏を狙うカウンターサッカーが上手くはまっていました。ワントップツーシャドーに加え、両ウイングも裏を狙うから、鹿島ディフェンスが間延びして、結果的に中盤へのくさびのパスがバシバシ通っていました。ついにミシャと四方田さんのサッカーが融合し始め、ぼんやりとながら完成形が見えたような気がしました。ヨモダビッチサッカーに幸あれ。

 

5、やっちまいましたね、中村太さんよぉ。どう見てもハンドでしたよね、昌司選手。最高の崩しから三好の良いシュートを手で防がれた挙げ句、三好にイエローて。大いに反省してもらいたいですね。あれが決まってたら歴史的な偉業だったのに。これこそビデオ判定だろ。ほんと審判の質なんとかしてくれ。そして誤審したのに何事もなく次も笛吹けるっておかしいよね。なんかペナルティ与えてくれ。それかイエロー取り消しか。

 

6、キーパーへのバックパスに猛然と襲い掛かる鹿島フォワード。右に開いた進藤へパスを出すかと思いきや、フェイントを入れて軽く相手をいなし逆サイドへ展開。そんなソンユンの成長ににんまりしました。他にもミドルサード付近まで飛び出してのクリアなど、昨年には見られなかったプレーが随所に見られ、プレーの幅が広がった印象を受けました。セーブの安定感も取り戻してきたので、今後も期待大。

 

7、今日の進藤はすごかった。攻撃のスイッチになる縦パスをバンバン通してたし、ライナー性のサイドチェンジで何度も決定機を作っていました。ボールを取ってからの攻め上がりも迫力あったし、ディフェンスでも鋭い読みで鹿島の攻撃の芽を摘んでました。ただコーナーの対応でヘディング全く合ってなくフリーでシュート打たれたりもあったんで、その辺の安定感はもっと増して欲しいです。ただその成長ぶりには驚きましたね。この状態をキープ出来れば、左の福森と相まって、相当怖い存在になるかと思いました。

 

 

 

いやー。それにしても、どっちが鹿島か分からないくらい、圧倒的に攻め込んでましたね。まさか鹿島に主導権握って勝ち点もぎ取れるとは。アクションサッカーってこんなに面白いんですね。

コンサ戦の前に仙台対長崎見てたんですが、やっぱ案の定長崎は厳しいですね。リアクションサッカーはやっぱ限界あるなと感じました。結局どんだけ緻密に戦略練っても、リアクションサッカーの範疇って決まってるような気がしました。しかも相手の仙台はそんな相手は幾度となく対戦してきたJ1の門番みたいなチームなので、通用しないですよね。まぁ試合は長崎がポゼッションしてたんだけども、たぶんあれは仙台の術中だった気がする。見事なカウンターでした。

だいたい昇格あるあるとして、仙台、そして今は無き新潟、甲府、大宮あたりになら勝ち点取れる!と意気込んで返討ちにあって、その後自信を取り戻せないまま降格というのがありますよね。私達も幾度も経験してきましたよ。

そんな中、コンサが名実ともにJ1のチームへと変貌を遂げようとしているこの瞬間はかなりわくわくもんです。

上手くいかない時もあるけど、アウェーの鹿島でこんだけ出来たってのは相当な成功体験なはず。

調子乗っちゃっていきましょう!

 

 

採点

 

ノイアー   6.5 堅守に加え足下の成長見えた

左足     6.0 相変わらずの精度と戦術眼

ミンテ    6.0 良かったけど鈴木にぶち抜かれた

進進進藤   7.5 キレキレ

球際強希   7.0 才能の塊。仮我しないでね

HIROKI     6.5 攻守に効いてた

すがちゃん  6.0 走りは良い。あとちょっと

ミシャっ子  7.0 突破力すごい

タイ人    6.0 小さなミスが気になった

みよしの   6.0 最後の精度もっと

右代式筋トレ 7.0 札幌が誇るディフェンシブアタッカー

へいすちゃん 5.5 判断いまいち

髪型模索中  5.5 覚えてない

神様     10.0 その存在が勝ち点3

 

 

セルビア爺  7.0 ぶれない戦術が浸透し始めた

 

 

 

開幕当初はひやひやしてましたが、ようやく形になってきましたね。

来週はシャチ狩りじゃ!