おとこのすなるにき

北海道コンサドーレ札幌のちょうどいいサポーター

焼酎番茶割

昨日はすでに敗退が決定しているルヴァンカップを観に行って来ました。

まぁ何というか、

サブ中心とはいえ、目下リーグ戦3位を走るチームとは思えないほどの体たらくでした。

見せ場らしい見せ場もほとんど作れず、清水エスパルスに0-3の敗戦でした。

時折ヤフコメ何かでこういう試合をすると、選手はせめて気持ち出してがむしゃらにプレーして欲しかった、とかいう感想を目にするにですが、それは違うなと思いました。

なんというか、みんなすごい頑張ってるんだけど、上手くいかないって感じでした。

そして、リーグで先発している人たちは技術もさることながら、サッカーIQが相当高いのだということを思いました。

村上アシシさんのインタビューで進藤が、「ミシャになってサッカーが簡単になった」と言っていましたが、そう言えるまで戦術を自分の中に落としこめているのだということを思った反面、この人は頭いいし、ロジックと実際のプレーのすり合わせがとても上手い選手だなと感心しました。

それは開幕からメンバーを固定してやってきた賜物でもあると思うので、ルヴァン要因の人らは圧倒的に実践の機会が少ないのは可哀想でもあります。

ミシャのサッカーを体現しようとはしているんだけど、細かな距離感や、三人目の位置と動き出しのズレとアイデア不足が露呈していたように思います。

最終ラインからの縦パスがなかなか入らない印象で、相手が真ん中を絞ってる分サイドの石川や白井にパスは通るのだけども、真ん中を揺さぶってからサイドに展開しているわけじゃないので、守備も簡単そうでした。今季のコンサのストロングポイントにサイドチェンジがありますが、相手を揺さぶることが出来ず、何となく逆サイドに出せだから出した、という感じのチェンジばかりなので、その状態で仕掛けても相手陣内の深くまでは攻め込めないというパターンが多かったです。

連携と技術不足による縦パスの少なさ、昨日の試合はこれに尽きると思います。

あと、イエロー&PK献上の稲本は限界説もささやかれますが、確かにミシャサッカーにはフィットしてないけど、オープンな展開になったくる後半とかで中盤で使えば、柏戦の時のように決定的な仕事が出来ると思うので、まだまだ頑張って欲しいです。

2種登録の中村君はあっぱれでした。体格もいいし、左足もいいし、鄭大世と渡り合うガッツもいいし、このまま成長して欲しいです。

 

ただ、昨日は4400人ほど入っていましたが、ちらほらとライトな客層も目だってなので、恐らくリーグやカップの区別も分からず、現在3位と快進撃を続ける最強コンサドーレを一目見ようという人らだったのではないでしょうか。

まるでJ2暗黒期のようなサッカーを、気温10度の寒空の下で見せられて、彼等は二度と来ないのでは。。ぜひリーグ戦にも足を運んでほしいですね。

寒すぎて、焼酎番茶割という謎の飲み物をおかわりしてしまいましたよ。

 

 

昨日のスタメン

 

       ヘイス

   ジュリーニョ 宮吉

石川   荒野 兵藤    白井

    中村 稲本 早坂

       菅野

 

 

 

 

はい。

ここからは、自己慢妄想西野ジャパンのイレブンを発表。

 

      大迫

      香川

 乾         堂安

    大島 長谷部

 

長友  槙野 吉田  酒井(宏)

        中村

 

 

サイドはガンガン攻めて、大迫が頑張って収めたボールに香川がシャドーとしてどんどん飛び込む様を見たいです。

 

 

 

 

 

最近よく有名人が歴代代表のマイベストイレブンを発表しているので私も。

 

     中山

  カズ 香川 中村(俊)

   遠藤 中田(英)

長友 中沢 闘莉王 内田

     川口

監督 アギーレ

 

わくわく。

 

ほな。