おとこのすなるにき

北海道コンサドーレ札幌のちょうどいいサポーター

FC東京に大逆転勝ち!

劇的逆転勝利!!

 

北海道コンサドーレ札幌 - FC東京

           3-2

 

 

 

 

 

 

痺れる試合でした。

 

         ジェイ

       チャナ 都倉

    菅   深井 荒野   駒井

      福森 ミンテ 進藤

          ソンユン

 

怪我の影響でボランチは深井&荒野のアカデミーコンビ。

 

仕事があって前半はドームへ行けなかったため、前半はテレビ観戦。

徹底してブロックを固め、プレッシングを何度も繰り返してカウンターを狙うFC東京に手こずり、中盤の展開がルーズになったところでアバウトに前へ蹴ったボールに永井が爆裂超特急でボールに触り、ツータッチ目でミンテを置き去りにし、スリータッチ目では完全に独走して、冷静に中央にいたディエゴ・オリベイラにパスを供給。完璧に崩され先制されました。あの速さの前にミンテはノーチャンスでした。

 

何とか1点でしのげれば後半まだまだいけると思って出発の準備をしていた前半終了間際、苦手のコーナーからドフリーで合わせられ2失点目。あれは離されちゃいかんよミンテ。

今回は民法で放送していたのですが、失点直後に荒野と菅がふざけてるドコモのCMが流れてきて、今日はダメかもなと思い、これは入場特典のポーチもらいに行くだけかな、と思ってドームへ向かいました。しょーつ、前田はん、前田はんの友人、ポリス、ポリス妻と合流。

 

 

 

いざ後半戦。

 

荒野OUT 白井IN

 

ネットでは荒野酷評されていますが、そこまで悪いとは思いませんでした。

ハードワークするし、ボールもそれなりに散らせるし、ただそれが効果的かどうかと言われると難しいですね。そのへんは、貰い方含め、一個ためたり、一個タイミング早めたりっていうのが宮澤が相当上手いんだと思います。

 

後半は駒井がボランチに降りて白井は右サイドへ。

前回のブログでは駒井のボランチ適正について疑問符を打ちましたが、今回はサイドよりボランチのほうがいいのでは!と思うくらい躍動してました。攻撃のスイッチの入れ方が絶妙で、前線の3人が連動して動き始め、ためも作れるので福森も上がりやすくなったように思いました。その結果、福森のアーリークロスに都倉がダイビングヘッドで飛び込んで一点を返しました。

 

よく見たら森重の顔面に当たってコース変わってた。

森重は去年のドームでも都倉に競り負けてがっつり決められてるので、札幌ドームはかなり嫌な場所になったのでは笑

都倉は早くも昨シーズンの得点に並ぶ9ゴール目。

都倉が決めると雰囲気がガラリと変わる気がします。

 

そしてついにコンサが本気を出します。

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26 早坂良太投入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝負を決めに来ました。

 

震えあがる東京スタンド。

 

すると、右サイドから左サイドへとポジションを移した白井が左サイド深くで相手のトラップミスをかっさらうと、そのままドリブルで横へスライドしながら迷うことなく右足を一閃。嬉しいJ1初ゴールは浪花のメッシの異名のごとく、メッシ顔負けのゴラッソでした。これまでチャンスもらいつつも中々試合に絡めなかった分、喜びが爆発していましたね。

 

 

 

なお、このゴールシーンですが、

左サイドからカットインする白井の反対には誰がいたかというと、もちろん早坂先生。かつて鹿島アントラーズのレジェンド秋田豊氏は昌司源選手に、「ディフェンダーは名前で守れ」と矜持したそうですが、まさに相手は、常に早坂良太という名前におののき、その位置が常に気になってしまっていたということは、想像に難くないでしょう。

 

右サイドの早坂先生を一瞬気にした瞬間に出来た心の隙間が産んだゴール、したがって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実質早坂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということになりますね。

 

 

 

 

そして、極めつけは、チャナティップのワールドクラスの25メートルミドル弾。

バイタルの中央でボールを受けたジェイが相手に背を向けつつボールキープ。そしてそのジェイとスイッチするようにしてボールを受けると、一瞬フリーになったチャナティップが右足を振り抜き、左ポストに当たってゴールへと吸い込まれるスーパーゴールが決まりついに逆転しました。

チャナティップのシュートはもちろんですが、ジェイもボールを預けた後、ディフェンスのブロックになるように動いてチャナティップのスペースを作り出していて、さすがだなと思いました。

 

 

そして特筆すべきは、ジェイにボールが渡る前のプレー。右サイドで良い形でボールを受けていたのが、早坂先生でした。仕掛けるそぶりを見せつつ一端進藤へボールを戻し、進藤はそのまま右の福森へ、そして福森が早い縦パスをジェイに送ったことで生まれたゴールでした。

この時のFC東京選手の心理を考えると、頭の中に必ず、

 

 

 

 

 

 

「最後は早坂で来る」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という意識があったことは、想像に難くありません。

 

実際チャナティップがシュートを打つ際、右のワイドに開いた早坂先生が、大きく手を広げてボールを呼び込んでいて、FC東京の意識がそちらに引っ張られた間隙を縫ったチャナティップのゴールでした。

したがってこのゴールも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実質早坂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということになりますね。

 

 

その後、コンサは試合を終わらせるために、稲本を投入。

あわやカウンターか!と思う場面でも、戦略的にイエローを貰って阻止したプレーには鳥肌が立ちました。これぞ百戦錬磨のベテランのプレーかと感心しました。

 

終盤は都倉が足を痛めて走れなくなりながらも、何とか耐え抜き、劇的逆転勝利を飾りました。優勝候補相手に2点差ひっくり返すなんて、夢のような試合でした。

待ち望んでいた白井の台頭で、左サイドの序列が一気に分からなくなりました。

時節はチャナティップが出場停止ですが、いったんリフレッシュしてもらうとともに、くすぶっている宮吉などが覚醒してくれると嬉しいです。

 

この勝ちは残留を確実なものにするといった意味でも相当大きいと思います。

そして、何やらACL出場が現実味を帯びてきました。

アジアの舞台で羽ばたくコンサドーレ。見て見たいですね。

 

 

採点。

クソンユン      6.0 失点はどちらも責任なし

福森晃斗       6.0 低調なプレーもアシストさすが

キムミンテ      5.5 失点に関与ビルドアップも微妙

進藤亮佑       6.5 安定感とパス供給

深井一希       6.0 着実に任務遂行

荒野拓馬       5.5 ハードワークも実らず

菅大輝        5.5 攻撃に絡めず

駒井善成       6.5 ゲームメーカーとして牽引

ソングラシン     7.0 攻守に奮闘の後スーパーゴール

都倉賢        6.5 反撃ののろし

ジェイ        6.0 キープ力さすが

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白井康介       7.0 左サイドで躍動守備も良し

早坂良太       10.0  実質早坂をやってのけた

稲本潤一       6.5 経験値を発揮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:uejimadried:20180820105016p:plain

 

ウィーアーサッポロ!!