おとこのすなるにき

北海道コンサドーレ札幌のちょうどいいサポーター

伸び悩み

今季大きな期待を背負って入団した岩崎選手、少し伸び悩んでいるでしょうか。

 

東京五輪世代の試合を見ていて、どちらかといえば三好よりも岩崎のほうがミシャっぽいんじゃないかなーと思っていたのですが、そう上手くはいかないのですね。

ルヴァンでもなかなか点に絡めないのは心配ですね。

ポテンシャルは高い、フィットすれば間違いなく活躍すると思うので、焦らず、今季終盤の辛くなって来たあたりで覚醒することを期待しています。

 

 

髪切ってきます。

荒野にします。

タカタ

今日はルヴァンですね。

 

アウェーで長崎と。

2017年の時も思いまして、先日の3連敗後のルヴァン湘南戦でも見て取れましたが、やっぱりカップ戦て大事なんですよね。

2017年は残留が史上命題だったので、カップ戦なんてそこそこで良いじゃんて声もちらほらあったんですが、実際スタジアムに足を運ぶと、ルヴァンでの雰囲気がいかにリーグ戦に繋がるかが少し感じられるんですよね。

 

逆もしかりで、調子良くてもルヴァンでヘンテコな試合すると、徐々にチーム全体の歯車もおかしくなっていくので、今日は是が非でも勝って欲しいですね。

 

武蔵の恩返し弾期待してます。

早坂良太という男

昨年クラブ史上最高の4位と躍進し、波はあるものの、その攻撃的サッカーの錬度を確実に上げているコンサドーレ

監督ミシャが繰り出すサッカーのキーワードはいくつかあるが、その一つに「運動量」がある。そして必然的にそれを確保するため、かつ、凝り固まったサッカー観を白紙にして新たに複雑怪奇なミシャイズムを植え付けるために、器用される選手の年齢は若ければ若いほど重宝される。

現にチームのスタメン、ベンチ入りメンバーのほとんどが20代前半~中盤の若い選手でスカッドが組まれているのだ。

この冬に、兵藤慎剛稲本潤一菊地直哉といった、まだ一線で活躍出来る選手が新天地を求めたのにも、このミシャサッカーの特質のあおりが少なからずあったであろう。

コンサドーレはその躍進とともに劇的な若返りを計っているのである。

 

 

 

ところが、である。

 

 

 

 

 

 

 

早坂良太という男がいる。

2017年にサガン鳥栖から加入した男は、同期入団の兵藤、田中雄大らがミシャサッカーのあおりを受けて退団する中、コンスタントに出場を重ね、昨年の最終節、ACLを賭けた広島との大一番、そしてさらなる飛躍を目指す今季の開幕戦に堂々と名を連ねたのである。

これは若手を重宝するミシャサッカーにあって、異例とも言える現象でもある。

時にミシャはベテランや中堅をチームの中心据えることがなかったでもない。

レッズ時代の阿部勇樹ボランチセンターバックを担ったようにである。

しかしその役割をコンサでは現在29歳のキャプテン宮澤が担っている。

その宮澤は今や国内屈指のリベロとして縦横無尽にピッチを駆け回り支配している。

……それに加えてである、コンサには、そのリベロに加えて新世紀のサッカーの新機軸とも言えるポジションがある。

それを担うのが早坂良太である。

どういうことか、その早坂良太のポジションの変遷をご覧頂きたい。

2017年(四方田監督)

3-5-2 右ワイド

2018年(ミシャ監督)

3-4-2-1 右ウイングバック、右シャドー、右センターバック

2019年(ミシャ監督)

3-4-2-1 右ウイングバック、右シャドー、右センターバック、ワントップ

 

 

 

おわかり頂けただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

いったい何の選手なんだ?

 

 

 

 

この疑問符こそが、現代サッカーに革命をもたらす、規定の枠には収まらない、偽9番ならぬ、偽早坂システム時代の産声であると思えてならない。

今のコンサは実質宮澤と早坂のダブルリベロとも言いうるものであり、実質早坂と言っても言い過ぎてはないだろう。

たゆまぬ努力と適応力、そして時代のひずみが産んだ新世界の創造主。えんとつ町のプペル。そんな早坂良太選手について、今改めて考を巡らす必要があるのではないか。

そう思うのである。(つづく)

 

ルーカスは無事


f:id:uejimadried:20190422142350j:image

 

今年はなかなか更新出来てませんでしたが、

 

 

そんな合間に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚しました私。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー。

なんというか、何事も当事者になってみなければ分からないことはたくさんありますが、いま私は、先だって結婚されていかれた友達を手放しで讃えたい気持ちです。

詳しくは言えませんが、結婚するって、他人の家族と関わるって、大変なことなのですね~。

前田はんがいかに外出ポイントを稼ぐかという話なども、これまでは格好の珍味のように思いつつ口元をゆるめながら酒をくべっていた私ですが、今となっては、アッラーの啓示、預言者の暗示、仏陀の金言のごとく、ハーブティーをすすりながら拝聴したい心地が致します。

 

さて、そんなこんなで、最近のコンサですが、3連敗の後、ルヴァン杯の湘南戦で主力を先発させて快勝し強引に流れを引き戻す作戦が奏功し、セレッソ大阪戦(アウェー)、横浜Fマリノス戦(ホーム)と久々の連勝を飾りました。

特にマリノス戦は、攻めてはミシャ式のオートマティックな連動を見せ、守っては四方田体制時代を彷彿とさせるコレクティブな守備網で強力マリノスアタッカー陣をシャットアウトしました。

 

 

「継続は力なり」

 

まさにそんな言葉が当てはまる最近のコンサではないでしょうか。

 

話は変わって、先日、妻と(←言ってみたかった)東京旅行へ行って来ました。

そして私の希望でルミネthe吉本でライブを見てきました。

メイン格の千鳥、東京ダイナマイト麒麟は圧巻の漫才を披露していたのですが、これ以上に私が心打たれたのは、

 

はんにゃ、ザ・パンチといった、10年前くらいにプチブレイクした芸人の方々。

正直どちらもあまり好きではなかったのですが、ネタや構成がしっかりしてて、本当に面白かったです。

両者共にボケは場数を踏み、その都度四苦八苦し、試行錯誤してきたことによるどっしり感が滲み出ていたし、どちらのツッコミも間の取り方、ツッコミのワードや声のボリュームなど、ボケを殺さない活人的なスキルが向上していて、感心しました。

ここにもまた、「継続は力なり」を感じ、一つのことを腐らずやり続けるって大事なことなのだなーと感じました。

 

ただ、天心は変にどっしりし過ぎて全然面白くなかったです!頑張って!

 

 

PS.千鳥は神でした。

 

 

ほな、もう終わらせてもらうわ!

あかん

J1第6節

北海道コンサドーレ札幌

大分トリニータ

【得点】

藤本(大分)

OG(大分)

OG(札幌)

 

札幌ドームにて

 

 

あかんね。

ミシャ体制初の3連敗。

なんか全てが噛み合ってない感じがする。。

そして、なんかみんな疲れてる……?

チャナティップにもらしからぬボールロスト&パスミスが目立ちました。

やっぱ今年は4月になっても異様に寒いのも影響してるかな。。

俺レベルでも、週に1回ジムに行くの億劫だし。

 

超攻撃的を標榜するチームがここ3試合で2点てヤバイですね。1個はロペスがむりくりねじ込んだやつだし、1個はオウンゴール

かなりやばい。

 

微妙に選手の距離感もズレてる気がするし、だから苦し紛れにサイドチェンジとかしてどんどんわけわかんなくなっていってる気が。

あとせっかくディフェンス剥がしたのにパスミスで自滅とかも多いし、しっかりして欲しいです。

 

やっぱり中盤の推進力とアイデア不足は深刻で、駒井不在がじわじわと効いてきている気がします。荒野も悪くないんだけど。

 

それから、チャナティップの自由度が減っているのも気になる。

これもジェイが懐深くキープしてくれてるから、その分チャナが軽快に動き回ってた感じでしたが、武蔵には荷が重いか。。

ロペスは気分屋なのが否めないし、ちょっと前線も再構築しなきゃかも。

 

何とかジェイ、駒井が復帰するまで、食らいついて欲しいです。

 

反対に、大分は少しでもマーク剥がせたら一気に前線にロングボール出すシンプルな攻撃が驚異でした。

それを最大限に引き出していたのが、Jリーグのバーディーこと、藤本選手ですね。

動き出しの質とスピード感は抜群だったかと。

 

まぁまぁ、要はコンサはまだまだこれからのチームってことで、爆発力はあるのだから、1個1個を糧にしていきましょう。

さすがに3連敗はへこむけど。。

 

 

【採点】

そんゆん         5.5   良いセーブあった

あきと             5.0   たまにだけ光る

ひろき             6.0   ボランチでリズム

りょうすけ     5.5   ディフェンス軽い

かずき             5.0   たまに集中切れる

たくま             5.0   良いプレーの後の雑さ

だいき             4.0   ぶっちぎられ過ぎ

よしひろ         5.0   判断遅

そんぐらしん 5.5   ミス多発も欠かせない

わぐなー         5.0    急にルーレット

むさし             4.5    なんかかたい

《途中出場》

みんて             5.5     今日は安定

ふぇるなんです

                         5.5     変化つけた

こうすけ         4.5     停滞招く

 

 

 

 

正念場ですね。

対策も厳しくなってきてるけど、ここ乗り越えてきて一皮剥けてほしい。

 

 

ウィーアーさっぽろ!

ガッツが足りない

2019年

J1リーグ第5節

名古屋グランパス

北海道コンサドーレ札幌

4-0

【得点】

ガブシャブ

OG

長谷川アーリオオーリオ

ガブシャブ

 

豊田スタジアムにて。

 

いやー。

完敗でしたね。

敗因について、スタイルがかぶってるとか、カウンターの守備が整ってないとか、ミシャ式が完全に読まれたとか、色々考えましたが、結局は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガッツが足りない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに尽きると思います。

 

鹿島戦同様15分くらいまではやり合ってたのが、先制されてから完全主導権奪われるという様。

 

でもなんか迫力がないのは、ミシャの言うこと聞いてたらそれなりに形になっちゃうからなような気がします。

レッズ戦、エスパルス戦の成功体験も相まって、慢心がへばりついてるのではないかと感じます。

だから球際、セカンドボールの反応でことごとく負けてしまう印象です。

駒井もインスタで怒ってました。

この2戦を教訓にして、次戦からまた頑張って欲しいです。

あと、ルーカスの守備意識の低さどうにかならんかね。。

和泉に簡単に剥がされてた。

収穫は金子くんと岩崎の動きが良かったことですかね。

 

 

【採点】

ク           5.5   また抜きは屈辱

福森       5.5    縦の意識良い

宮澤       5.0    起点になれず

進藤       5.0    後半は良かった

深井       5.0    推進力あれば

荒野       5.5    散らし上手い

菅           5.0    パターンの少なさ

ルー       4.5    急に集中切れる

チャナ   5.0    持たされ孤立

ロペス   5.0    枠飛ばしたい

武蔵       5.0    スペース消され無力化

《途中出場》

白井       5.0    アイデア不足

金子       5.5    再来年待ってます

岩崎       5.5    動き出し良い

 

 

 

だいぶ対策練られて来てる印象ですね。

次は大分。慢心で足すくわれぬように!

 

ジビエ

J1リーグ

第4節

北海道コンサドーレ札幌 VS 鹿島アントラーズ

           1-3

伊藤翔(鹿)×2

レアンドロ(鹿)

アンデルソンロペス(札)

 

札幌ドームにて

 

 

完敗でした。

立ち上がりの10分くらいこそ、互いに主導権を奪い合う好ゲームを演じていましたが、不意なミスから和製アンリこと伊藤翔に鮮やかなループを決められ失点してからは、最後まで横綱相撲を展開され、ほぼなすすべなく終わりました。

 

個、組織、メンタリティすべてにおいて2ランクくらい上のチームだと再認識しました。

 

攻撃はチャナティップ、アンロペがかなり厳しく監視され、武蔵までボールいかず。

左サイドの菅は内田、レアンドロに子ども扱いされるようにして制圧され。

右のルーカスは守備の軽さから危機を招き。

荒野は頑張ってたけど、中盤で違いを作れず。

最終ラインも押し上げる事が出来ませんでした。

 

鹿島は三竿とか遠藤とかセルジーニョとかもベンチで、選手層がえぐかったです。

 

川崎も強いけど、アントラーズは本当したたかに強いって感じがします。

役満は上がらないけど、ずっと満願を繰り返し、親の時は軽く跳満ツモってくる印象です。

いつかこのチームを倒せたら気持ちいいだろうな。

 

 

今日のラジオで野々村社長が言ってたけど、

ルーカスが1点目を伊藤翔に決められた時の対応について、

スライディングでひっかけて奪おうとしたんだけど跳ね返りが伊藤に当たって、結局突破されたシーンは、セーフティに考えるならキーパーに返すのがベターだったんだけど、チーム全体が攻撃に軸足を置いてるから奪い取ってカウンターという意識が働いていたのだとか。

難しいですね。どこまでリスクを冒していくかとか、そのへんも手探りの時期なんでしょう。

ルーカスは2失点目も結構軽めに突っ込んでかわされてピンチを招いていたので、その変のバランスを考えるとリアルに右は早坂先生なのかなとかも思ったりします。

でもあの独特のドリブルはかなり魅力なので、今後の修正に期待。

 

もう一個は、1失点目か2失点目に繋がる場面で、進藤がカード覚悟のファウルで相手を止められたシーンがあったとか。でもそれを出来なかったのには、去年チーム唯一の全試合フル出場した進藤が、今季はすでにイエロー2枚貰ってて、どっかで今年も全部出たい欲があってその分対応が甘くなったのでは、と野々村氏。

個人的な心理がプレーに影響したりもするんですね。

面白いです。

ただ、もしアントラーズの選手なら、そこはカード出ようが退場になろうが勝負に徹すると苦言を呈していて、こういったメンタリティの部分でまだまだ鹿島とは差があるのだなと感じました。

それでも社長の言葉の端々に、本気でアントラーズを倒せるビッグクラブにしようという思いが伝わってきて、ワクワクしました。

一戦一戦課題を痛感しつつ、進歩していって欲しいですね。

 

 

 

 

採点

 

ソンユン   5.5 ビッグセーブ出ず

福森     5.5 起点になれず

宮澤     5.5 終盤は上がれず

進藤     5.0 守備に不安

深井     5.0 奪い切れない

荒野     5.5 冷静な捌き

菅      4.5 不用意なパスミス

ルーカス   5.0 守備の軽さ

チャナ    5.5 孤立無援

アンロペ   6.0 一矢報いる

武蔵     5.0 何もさせてもらえない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石川     5.5 あのヘッド入ってれば

白井     5.5 積極性見せた

中野     ---

 

 

 

 

駒井不在が響いてきたかな。。

 

 

 

今日は武蔵の代表デビュー!