おとこのすなるにき

北海道コンサドーレ札幌のちょうどいいサポーター

赤黒サポーターゾーンバック

2018年7月18日(水)

第16節 北海道コンサドーレ札幌 対 川崎フロンターレ

                1-2

得点者 都倉(札幌)、小林(川崎)、エウシーニョ(川崎)

 

 

再開初戦は負けました。

立ち上がりは互角の勝負に持ち込めるかな?と思っていましたが、さすがは王者、しり上がりに調子上げて来て、序盤に散見されたビルドアップのミスが後半にはほとんどなくなっていました。二失点ともに防げたんじゃないか?と思うものでしたが、自力の差を見せつけられた気がしました。

特にコンサは、三好、宮澤、ミンテの、各ポジションの中核を担うスリーMが揃って出場停止というのがかなり痛かったです。

 

ミンテ不在でラインを上げられない。

宮澤不在で効果的にボールを散らせない。

三好不在で推進力が低下。

 

と、散々でした。

まだまだ控えとの差はあるし、ボランチセンターバックは補強してもいいのかなと思います。お金あれば。

 

 

 

 

 

現地観戦で気になったこと。

なんというかね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野党みたいなサポーターうざい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の席に近くに60歳前後の古参サポーターのおっさんがいたのですがね、ミスをするたびに、

 

「お前らはなんなんだよ」

 

と毒づき、最終ラインでバックパスや横パスを選択するたびに、

 

「おいおいおいおいー!そうじゃないだろ!」

 

と罵声を浴びせ、反対にフロンターレの選手の遅延などには目をつむり、有名選手をべた褒めするといったことが90分通して行われていました。

 

批判と揚げ足取りで自分のポイントを稼ぎたいだけの野党サポーター。。

 

確かにビルドアップはかなり拙くて、生命線の駒井の動きもかなり研究されて監視がきつかったので、なかなか攻撃のスイッチが入りませんでした。

ただ、バックパスと横パス全否定は違うだろ、と思いました。

粘り強く相手動かしてちょっとした糸口探ってたりするのもあるので、そこは黙って見てらんないのかね、と感じましたね。

 

 

 

 

それから、ゴール裏以外のサポーターのメンタリティも気になりました。

 

宮澤の代わりに先発した荒野でしたが、前半は何度かミスもあって肝を冷やしたプレーがありました。それはそれでよくて、気落ちせずに密集地帯でも果敢に前を向こうとトライしていました。

それなのにバックススタンドでは、かっこうのネタが出来たと言わんばかりに、荒野のボールタッチがほんの少しずれたり、ミスというよりも、ただ相手のポジション取りが上手かっただけのプレーで、

 

「あーあ」

 

「きゃー!」

 

「荒野こわいってー!」

 

 

とか言ったりして、しましには荒野にボール渡っただけでざわついたりして、

何か会場全体で荒野ダメだって雰囲気を作り出そうとしているようで非常に不快でした。

 

また、今季見慣れた最終ラインからのビルドアップの際も、

 

「何やってんの!早く前に蹴って!」

 

といった声が飛んだりして、

 

 

 

こいつらワールドカップで完全に今季のコンサのスタイルを忘れたなと思いました。

 

そりゃあパス回し拙いけどさ、選手たちは新しいスタイルを確立しようと思ってトライしているんだから、批判はやめようよ。

 

ほんで、選手は次のステージに行こうとしているのに、サポーターだけがそれを信じ切れないで、弱小チームの思考のままなのだなと感じました。

 

もっともっと意識の面で選手とサポーターが一体にならないと、上位には食い込めないと思います。

 

 

 

まぁ、内容ひどかったんだけどね。

 

 

そんなこんなで、まだまだ文化としてコンサが根付いていないことを感じた私でしたが、実は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサポリス(しょーた父)と二人っきりで観戦していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は渇愛しますが、非常に特殊な時間でした。

 

そして、それほど盛り上がったという手ごたえもなかったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の試合も席を取っておいてもらえるそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しびれるぜ。

 

 

というわけで、採点&寸評

 

ソンユン   5.0 大ファンブル。足下の技術元に戻っちゃった。

福森     5.5 キック精度悪かった。鬼のような縦パスもなかった。

石川     5.0 攻撃も守備も中途半端。

進藤     4.5 確変終了。集中力欠く場面多数。

深井     5.5 コンディション不良。良い奪取あった。

荒野     5.0 ツータッチ目以降の集中力。

菅      5.5 よく走ってたけど、クロスの精度ひどい。

駒井     5.0 研究されてた。ボランチでは存在感出ず。

チャナ    6.0 単独突破でわずかな光明。

都倉     6.0 よく詰めた。

ジェイ    5.5 ボール来ず。シュート精度も悪かった。

白井     5.0 もっと仕掛けてほしかった。

早坂     5.5 安定感。ずっと変わらない髪型も安定感。

小野     5.5 もう少し早ければ。

 

 

 

 

 

まぁフロンターレ相手に2失点は想定内。

次のジュビロ戦、フルメンバーでやっつけましょう!